日本の伝説・伝承

日本各地の伝説や伝承についてまとめていきます。

どこからきた?日本人の起源

どこからきた?日本人の起源

日本人はどこからきたのか?
この質問に答えるのは非常に難しいことですが、現在は以下2つの説が有力とされています。

北方系民族説 – 考古学的見解 

遺跡の発掘品などから、約3万年前に旧石器を用いる人々が北方からやってきたという説です。
氷河期時代、海面は現代より100mほど下がっていたため、日本列島の北側はサハリンを通じてアジア大陸とつながっていました。獲物を追って南下してきた北方系民族がそのまま日本列島に住み着いたという説です。

南方アジア人説 – 遺伝学、形質分類学的見解

一方、考古学以外の分野では違った見解があります。

遺伝学的見解では、縄文人のDNAが東南アジア人のものと一致したとの研究結果もあります。
また、旧石器時代の人骨や、縄文人の人骨に南方アジア人の特徴が見られることから、形質学的に日本人は南方アジアからきた民族だとされています。

上記のようなことから、日本人は北方だけならず、南方からもあらゆる民族がわたってきて、多様な人種がまざりあって生まれた民族であるとも考えられています。

いずれにせよ、海面の上昇により、大陸から孤立した日本列島は独自の進化を遂げることになったようです。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top