日本の伝説・伝承

日本各地の伝説や伝承についてまとめていきます。

「指きりげんまん」の真実

「指きりげんまん」の真実

「指きりげんまん、嘘ついたら針千本飲ます 指切った」

主に子供が約束を交わす時に歌われるこの歌ですが、その由来を遡ると予想していなかった事実が浮かび上がります。

江戸時代、遊郭の遊女は実に様々な男性と関係を持っていました。とはいえ、遊女にも本気で好きになる男性が現れることがあります。遊女がその男性に愛を誓うときには、左の小指を切り落としして贈ることで自分の誠意を伝えていたのです。

この遊女の愛の誓いを「指切り」と言っていました。
文字通り、指を切り落とすことで変わらぬ愛を約束していたのです。

その後、この遊女達の風習が庶民にも伝わり、子供達が約束をするときに真似事をするようになりました。お互いの小指を絡めてこの歌を歌う理由はこのような由来があったのです。

拳万、針千本

拳万(拳(こぶし)で一万回叩く)、針千本飲ますといったことは、指きりだけでは物足りず後から付け加えられたようです。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top