岡山県だけではない、香川県にも伝わる桃太郎伝説

岡山県だけではない、香川県にも伝わる桃太郎伝説

桃太郎といえば岡山県で有名ですが、瀬戸内海を挟んだ隣県の香川にも桃太郎伝説が残っています。

ご存知でしたか?

香川県の桃太郎伝説

桃から生まれた桃太郎が犬・猿・雉をお供に鬼が島に鬼退治に出かける昔話の舞台は岡山とされています。事実、JR岡山の東出口には三匹のお供を従えた桃太郎の銅像が立っています。

又、桃太郎伝説に由来する「きびだんご」は安価で量がある岡山の名産として広く知れ渡っています。

しかし、この桃太郎伝説は意外にも岡山だけでなくて日本全国に残されているのです。取り分けて岡山県から瀬戸内海を挟んだ讃岐の国、今の香川県にも桃太郎伝説の本家本元を名乗る町があります。

鬼がいない「鬼無」

鬼が居無いと書いて「きなし」

JR高松駅から予讃線を西に2駅行きますと「鬼無」と言う駅があります。高松市鬼無町(現、高松市鬼無地区)です。今は盆栽の栽培で世界的に有名な町ですが、この鬼無地区にも昔から伝わる桃太郎伝説があります。

それは、昔しこの近郊を荒らしまわっていた鬼たちがこの地を訪れた桃太郎によって退治され、それ以後はこの町には鬼が居なくなったと言うお話です。

このお話は出どこが古く平安時代にまで遡ります。当時讃岐の国司として赴任してきた菅原道真が地元の漁師より、桃太郎=孝霊天皇第八皇子の稚武彦命(わかたけひこのみこと)が地方開拓の為この地に訪れ、高松市沖の鬼が島(女木島)の海賊(鬼たち?)を三人の勇士と一緒になって退治したと言う話を聞きそれを物語風に全国へと伝えたと言うものです。

鬼の棲家、女木島

高松市には港からフェリーで20分の所に女木島とと言う島があります。女木島は山の頂付近に人の手により掘られた「鬼ヶ島大洞窟」があり、かっては鬼の住処と呼ばれていました。

桃太郎のお爺さんお婆さんの墓

また、鬼無地区には「桃太郎神社」があり近くにはお婆さんが洗濯をしたと伝えられている川も流れています。そして、桃太郎と三人の勇士、お爺さんお婆さんのお墓もあります。

恋のために戦った桃太郎?

ただ、鬼無の桃太郎伝説が他と少し違うのは、船で讃岐住む姉を訪ねてきた桃太郎が村の娘と恋仲になり結婚してお爺さん、お婆さんの家で暮らしていたら、村人を困らせる鬼の存在を知り鬼を撃退するべく、近隣の猿王、犬島、雉ヶ谷から集まった強者達と一緒に鬼を退治したと言うものでした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください