越後のダークヒーロー黒鳥兵衛にまつわる様々な逸話

越後のダークヒーロー黒鳥兵衛にまつわる様々な逸話

平安時代の後期に、源頼義に討たれた安倍貞任の残党である黒鳥兵衛(くろとりひょうえと読みます)という人物がいました。この黒鳥兵衛は越後国に来ると、怪しげな妖術を使って悪行を重ねていたそうです。

朝廷に討伐された黒鳥兵衛

それを見かねて退治に来た朝廷の討伐軍をも圧倒的な力で倒してしまいます。困り果てた朝廷は、島流しで佐渡にいた源義綱を呼び戻して黒鳥兵衛の討伐を命じます。しかし、黒鳥兵衛たちはことあるごとに妖術を駆使しながら対抗して来たため、すぐには攻め落とせませんでした。

そして最後は辺り一面を泥沼に囲まれた攻めづらい陣の中に立てこもってしまいます。

黒鳥兵衛討伐の際にカンジキが発明された

難攻不落と諦めかけていた時に源義綱は、番の鶴がその泥沼を、木の枝を器用に足で挟んで泥沼に立てて進んで言った姿を見ました。

ここからカンジキが発明され、泥沼を渡るさいにカンジキを履いて黒鳥兵衛の陣へ攻め込んでゆきます。カンジキは現在でも新雪を歩く際に用いられる歩行を補助する履物です。

緒立の由来

歩く際に、カンジキを操作するように、綱をつけてその綱を手に持って歩く際に持ち上げていました。その綱を「緒」とう呼ぶためこの地域一体は「緒立」と呼ばれるようになりました。

黒鳥兵衛に由来する地名

また、黒鳥兵衛がいた地区を現在でも「黒鳥地区」と読んでいます。

やっとの思い出攻め込んだ源義綱はとうとう黒鳥兵衛を追い詰め、首をはねます。はねられた首は塩漬けにされ埋められましが、不思議なことにその土地から温泉が湧きだしたため、「緒立温泉」と呼ばれて現在でも親しまれています。

しかし、その温泉には黒鳥兵衛の首の塩漬けのせいで温泉の味がしょっぱいと言われています。

また、切り離された胴体は違う場所に埋められていますが、首と胴体が求めあって時々空に轟音が鳴るとされ、この現象を「胴鳴り」と呼んで恐れていました。

伝説上の人物?実在する人物?

この黒鳥兵衛の話は、実際に歴史の教科書ででて来る登場人物がいたり、地域の名前にもなっていることから実際に歴史上で起こった話のように感じますが、これには諸説あるため史実ではなく、創作話という位置付けにされています。

黒鳥兵衛は怪しい妖術で越後の人々を苦しめたことから、越後ダークヒーローとして伝承されています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください